パンピング・ナイロン

ギターレッスンを受けてくれてる方の中で中級者の方が求める事で多いのが綺麗に音を出したいという事です

ギターの音を綺麗に出す為には色々なところに気をつけていかなければならないのですが、例えば指板を抑える時にフレットに近い部分を抑えるようにする(ボディー側)とか弾く方の指の弦に当たる時の角度だとか。この辺は細かすぎるの実際に演奏を見てアドバイスするしかないのですが、自主練をする場合におすすめの本があります

課題別テクニックを習得する新しいアプローチ タブ譜付 クラシックギターテクニック 初級から上級まで

こちらクラシックギターテクニックと書いてあるのですが、アコースティックとかエレキを弾いている人にも効果があります

Pumping Nylon

どういうわけか表紙が力こぶなんですが、練習内容を知れば納得できます

筋トレです。指の筋トレといった感じの練習内容がずらりです

始めはこんなの弾けないだろうと思うような練習が出てくるのですが、頑張って練習してれば弾けるようになり今迄こんなコード押さえる事不可能やろと思っていたコードとかも普通に押さえれるようになったりします

僕はこの本の課題に明け暮れてた時があったのですがそのおかげで指の動きが明らかに成長しました

少しですがギタリストのマインドみたいな事も書いてますし、ギターの演奏を良くしたいという人におすすめの教則本です

Pumping Nylon

スポンサーリンク