フィリピン留学 #9 卒業

フィリピン・セブ島の語学学校3Dアカデミーさんのとても素晴らしい企画

一芸留学

 

を無事に卒業しました

 

1ヶ月間、月曜日から金曜日まで、4時間のマンツーマンと3時間のグループレッスン

1ヶ月という時間はあっという間の速さで流れていきました

で、1ヶ月が終わってみて、僕の英語力はどうなったかというと、ヒアリング力がめちゃくちゃ上がりました!まだまだ自分が文章を作って喋るというところは弱いですが、英語で言ってることはほぼ理解できるようになりました

英語で言っていることが理解できるようになったという事を分かりやすく言うと英語の1単語1単語の聞き取る力が確実に上がり、ボキャブラリーも確実に増え、今まで頭の中で一旦、英文を日本語に直してから理解していて時間がかかりすぎていたのが言葉の速度とほぼ同時に理解できるようになってきた感じです

最後の方にマンツーマンの先生がマイケルジャクソンはまだ死んでないんだよ。という話をしてた時は面白かったので夢中になりすぎて英語を使っている意識なんかなく、日本語で話を聞いているかのようでした




僕は英語の基礎なんかほぼ無いに等しいので、もし、1ヶ月という短い期間だけ留学するということに意味があるのだろうかと、留学してみようかどうか悩んでいる人がいるとすれば留学する事を確実にお勧めします

確実英語の基礎を身につけるには3ヶ月が良い様ですが。。。

 

何よりも僕が留学して良かったと思うことは本当に英語が大好きになりました

最後に答えを言う日本語とは違い、先ず答えを先に述べないといけない英語を使いまくったことにより、自分の中で閉ざしていたマインドが開かれたような気がします

留学する前にNHKの英会話を録画して見ていたのですが、番組のストーリーの中にこう言うシーンがありました。友達3人でアートを見て一人一人感想を述べるというシーンです

その中の日本人はアートを見て、とても良いですねという感想を述べると英語圏の人達が良いだけでは分からないので、もっと具体的に感想を述べなさいというのです

僕も同じような体験をしました

ライブのMCを考えていた時、それじゃ伝わらないとマンツーの先生たちに散々言われました。日本人というのは基本言葉を濁すところがありますし、自分に関して言えば、今まで音楽活動をする時または他のことをする時も自分のやりたいようにしかやってこなかったので人の言うことを聞く必要がなかったり、無口でやってきましたが、今回は今までとは逆に、無口でいていいどころか思考を思いきりアピールしていかないといけない。先ず自分の答えを言ってそれをシンプルに分かりやすく説明しないといけないと状況にありました

この経験をすることにより自分の中に無意識にあった壁を壊すことができ自分をアピールしていくことが楽しくなってきました

これからの日本でのMCも人との接し方も良い様に変えていくことができそうです

 

また、英語が理解できることにより学校で一緒だった台湾人や香港人、中国人、ロシア人モンゴル人、世界中の文化の違う色々な国の人と会話ができるのです

いつも僕は違う国の人と喋る時は相手の国がどんな感じなのか聞いていたのですが、その会話だけで頭の中は旅をしているかの様です

こんな楽しい事をもたらしてくれる英語をもっと早く勉強していれば良かったーと思ってます

なので留学は一旦終わりましたが英語の勉強はこれからも継続していきます

そして7月に2週間だけもう一回留学をする予定です

それまでは英語を猛勉強

最後までお読み頂きありがとうございます。是非こちらの世界1週ロゴをクリックして僕のブログ村でのランキングを上位に導いてください↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Instgram

Twitter

Facebook

メールはこちらへ