一芸留学してきます

5月にフィリピンのセブ島にある 3Dアカデミー という語学学校で英語を勉強してきます

一芸留学してきます!

3Dアカデミーさんの超太っ腹で情熱的な企画、一芸留学世界で活躍する日本人を応援するためのプロジェクト・で英語を勉強させてもらってきます!

なんと1日7時間(マンツーマン4時間、グループ3時間)の英語の授業、宿泊施設、食事、etc…の提供、を1ヶ月もしてもらってなんと無料!という超ふとっぱらな企画を受けさせていただく事になりました

3Dアカデミーはこちらをクリック

20歳の頃よりバックパッカーになりヨーロッパをバスキングしながら縦断したり最近ではアジアで演奏したりと去年は1年の内の3分の1は海外で過ごしました。そして今年は1年の内の半分以上は海外で過ごすことになりそうなのです

が、英語力は糞なのです




不思議な事に英語だったり中国語だったり韓国語ドイツ語イタリア語フランス語スペイン語と色々な言葉に触れながら全く分からない言葉の中でずっと生きていると変な能力がついて言葉がわからいのに相手が何を言ってるのか分かってくる様になってきたのです。何を言ってるかはわからないけど何が言いたいかわかるといった感じです

ただこの能力、生きてはいけるけど伝えたいことも伝えれないし、お互いを理解することまではできないので、意味がありません

ヨーロッパをバスキングしながら縦断した時もウチのお店で演奏してくれと演奏依頼の声も沢山頂いたんですが、僕が英語が堪能ではないものでせっかく声をかけてきてくれた方も面倒臭くなって、演奏依頼の話は無かった事になると言う様な事が多々ありました。それと僕の音楽を聞いてくれた沢山の方から熱いメッセージを英語でもらうんですが、アリガトウ!ウレシイデスとしか英語で返信できないという状態が続いておりました

なので自分なりに英語を英語で勉強できるというEssential Grammar in Use と English Grammar in Use で勉強をしました。で、海外にいる間、英語に触れまくっているのでなんとか聞き取りは出来るようになってはきました。

でも、伝えたい事があってもどういう風に喋ったらいいのか分からないので、それはもう超カタコトで知ってる単語を並べ、こいつは一体何が言いたいんだろうと相手の脳をフル回転させながら伝え、相手の言ってる事が分からない時は、分かるまでイージーイングリッシュ,プリーズと言い、大変、人に迷惑をかけながら海外で生きているのでした

そもそも発音が糞すぎて単語は分かっているのに伝わらないのです

最近ではこの先、アプリが発達すから英語は勉強する必要はない!とかよく言われているので、だったら語学は勉強しなくていいんじゃないかと思っていたのですが、僕、去年の年末に1ヶ月半、日本語は全く通じない電波も全く届かないところで生活をしました

この時にアプリが発達するから英語は勉強しなくて良い!などと言う考えは糞であると痛感しました。コレ常に電気に頼っている前提なので、アプリのバッテリーがなくなった時点で全く通用しなくなります。今まで海外にいる時になんと言っていいのか分からなければスマートフォンのグーグル翻訳で訳してとやってきたのですが、こんな環境に陥ったらもう、何にも伝わりません

それにアプリに頼っていると冗談も感情も細かい部分まで伝わりません

なので語学留学をしようと思って最近流行りのフィリピン語学留学を調べてたら、そーとー有難い企画が!

一芸があれば留学できる!今話題のセブ島留学一ヶ月無料で提供いたします

この企画そーとー熱いやん!

と思って応募したら、なんと快諾していただいたのでそーとー頑張って英語の勉強してきます。ペラペラにはなれなくてもペラもしくは最低でも ぺ にはなれるように一ヶ月の間に猛勉強してきます

SNSの短い文章くらいは日本語の下に英語でも書く事ができるくらいの実力はつけれるように頑張ろうと思ってます。が、さて出来るようになるのでしょうか?

今のレベルは

I’m going to study English in Philippines

程度ですが、これがどのくらい上達するのでしょうか。。。

留学中に上達具合をUPしていきます

 

最後までお読み頂きありがとうございます。是非こちらのロゴをクリックして僕のブログ村でのランキングを上位に導いてください↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Instgram

Twitter

Facebook

メールはこちらへ



 

 


中文

我將於五月前往菲律賓宿霧的「3D ACADEMY」語言學校學習英文。
而且是以「一藝留學」的身分前往!

「一藝留學(以才藝交換留學)」是3D ACADEMY推出大方且充滿熱情的企劃─為了支援活躍於世界舞台的日本人而發想的計畫─也因此讓我有這次學習英文的機會。其學習計畫為,一天七小時(一對一4小時、團體活動3小時)的英文課程、還提供食宿等…,為期一個月的超值免費課程。

在我20歲時,曾以背包客的方式旅行歐洲也在街頭演出,最近則以亞洲為中心表演,去年就有3分之一的時間都旅居海外。而今年將近約半年的時間預計在海外度過。

但是,即便如此,我的英文仍是極差。

不可思議的是,身處於英文、中文、韓文、德文、義大利語、法文、西班牙語等…完全語言不通的環境中,沒想到卻能一路存活下來。雖然聽不懂對方的語言,卻彷彿能理解對方說的話,也能感覺出對方想傳達的內容。當然如果以感受語言的方式也是可以,只是如果有想說的話卻無法傳達,也無法相互理解的話,那這樣似乎沒有什麼意義。

在環遊歐洲街頭表演時,也常常遇到許多人邀請我到他們的店舖表演。但由於我的英文無法溝通,導致難得邀約我的人也覺得麻煩,諸如此類的原因取消了很多演出機會。還有聽了我的音樂,而從四面八方傳來熱情的英文訊息,可惜我也只會「謝謝!」或是「我很開心」這樣的回應。所以才開始自修Essential Grammar in UseEnglish Grammar in Use。而後,在海外期間有許多接觸英文的機會,聽力方面也漸漸比較聽得懂了。

但是,要如何運用英語交談又是另一回事。我只能憑藉習得的單字,以一個完全無法拼湊出正確句子的狀態對話。可想而知,對方一臉「這傢伙到底想要說麼」的樣子,讓對方傷透腦筋;而在遇到聽不懂的時候,也只會說「Easy English ,Please」,然後請對方說到我理解為止。交談的辛苦之外還帶給對方困擾,海外的生活就是這樣走過來的。

再者就是我的發音實在太糟了,即便說了單字對方卻還是聽不懂。

就在先前,常常有人都說現在APP很發達,根本沒必要學英文吧!所以我也想不學英文應該也沒關係吧。但在某個契機下,我在去年年底處於無法使用日文溝通,且沒有半點訊號的環境度過了一個半月。

那時候一想到「反正APP很發達不學英文也沒關係吧!」如此腦袋裝糨糊思考的我,真是五味雜陳。APP要有用處,是必須在能使用電源能的前提之下,如果遇到沒電的狀況可說是束手無策。到目前為止在海外的時候,遇到不知道該怎麼說時都是使用手機的GOOGLE翻譯,可如今在一個沒有訊號的環境下,完全就是無法溝通。

況且,一昧依賴APP的話,想要和對方說個玩笑、交流情感、甚至談話的枝微末節都只好犧牲掉了。

基於上述因素讓我興起想要英文留學的念頭,在查詢最近流行的菲律賓語文留學才發現,有個非常適合我的企劃!

「能以才藝交換留學!現今話題的霧宿島留學,免費提供一個月」

我心想,這企劃也太熱血了吧!

立馬報名後,也很迅速地收到入選通知。這讓我想好好努力學好英文,雖然不可能馬上英語就流利起來,但就算不到流利,至少也要達到「能說」這樣的目標,這一個月的衝刺學習我會好好加油。

我想就先以在SNS發表的短文,能以日、英雙語書寫的目標為努力方向。不知是否能達成這個目標?

目前我的英文水平只能寫出

I going to study English in Philippines

不知道留學後能進步多少…
接下來在五月的留學期間,也會持續更新英文學習狀況。