瞑想をやめてみて気づいた事

僕はほぼ毎日、朝起きてすぐに30〜40分ほど瞑想をしています

瞑想のメリットはまた詳しく記事に書くとして、僕が毎日瞑想をやってる理由を簡単に言えば頭の中がスッキリするし記憶力が良くなるし自分を俯瞰して見る事ができるのでやっているといった感じです

最近、ちょっと忙しくて10日間ほど瞑想ができな日が続いて気づいた事があります

瞑想を毎日やってる時って、欲が削ぎ落とされるというか冷静に自分の欲を見つめる事ができて色んな事に対して冷静で入れます。うまく表現できないんですが、なんかこう自分の夢とかに対しても冷静です

なので毎日ギター頑張って練習してても、俯瞰して自分を冷静に見るので、なんの為にギターを弾くいているんだろう。僕がギターを弾いていく意味があるのだろうか。むしろ音楽とか必要ないんじゃないかとか思ったりまします

瞑想しているくせに雑念が出てきたりましす

そんな時期はなんかもう辛いというか、一番好きな事に対して自分の気持ちが冷めたような状態になるので生きる事が楽しくないというか何を楽しめばいいのか分からないような状態に陥るのです

 

ちょっと前まで、ずっとそういう心境が続いてたのですが、ここ最近、忙しくて瞑想ができてない日が続いて瞑想できない日が続けば続くほどギターを弾くのが楽しくて楽しくてしょうがないといった感じが蘇ってきて、ギターの事を考えると希望しか湧いてこなくなりました

希望しかない状態なので、ギターの動画をYOUTBEで色々と見まくってたら、こんな感じのギターを弾きたい!どうしても弾きたいんだ!という感情が湧いてくる自分があまり興味なかった新しいジャンルのギターに出会いました!今から練習しまくって弾けるように頑張りたいと思います

 

瞑想はオススメなんですが、やりまくるのも良くないんですかね。やり方が悪いんですかね。ちょっと瞑想の時間と回数を減らして見る事にします

 

 
スポンサーリンク



コメントを残す