路上ライブの電源について

路上ライブの電源、バッテリーってどうしてるんですか?ってよく聞かれるのでこちらにまとめておきます

路上ライブの電源システム、ポータブルバッテリーがあればアウトドアや車中泊、緊急時に電源取るのにも使えてめちゃめちゃ便利です

路上ライブ用のバッテリー内臓のアンプっていうのが売られてるのですが、僕はもっとパワーが欲しいので電源システムを使って220wのアンプを使用してます

 

僕の電源システムはバイク用のバッテリーとカー用品店などで売られてるインバーターを使って電源をとってます

バイク用やじゃなくても車用のバッテリー使ってる人もいるんですが、それだとめちゃめちゃ重たいです。バイク用のバッテリーがおすすめです

こんな感じです

バイク用のバッテリーかインバーターで路上ライブの電源を取る場合、最低でも バッテリーは 12v 9ah という容量の物を使うことをおすすめします

 

こちらです!このバッテリーで220wのアンプなら2時間くらい持ちます。100wのアンプなら3時間くらい持ちます。僕はもうちょっと容量のある12v 20ah を使ってますけど。かなり重たいですが20ah  で220wアンプなら4〜5時間くらい持ちます。
で、このバッテリにつなぐのがインバーターというコンセント部です

 

コレです

僕が使っているのはこのセルスターのインバーターです。メーカーは特にこだわる必要はないと思うのですが、安いインバーターだけはやめたほうがいいです。安いやつは壊れやすいので。ちゃんとファンがついてるやつを選ぶことをおすすめします。

 

でもう一つ、このバッテリーを充電をする為の機材が必要となってきます

 

こちらです。リチウムバッテリーの充電にも使いたいという人はACH-200っての購入することをおすすめします。鉛バッテリーしか使わない人はこちらで良いと思います

 

リチウムと鉛の違いは重さです。リチウムにするとかなり軽くなりますし、容量によっては飛行機にも積めるやつもあります。が、鉛バッテリーの10倍くらいの値がします

 

* あとこの電源システムを使う場合の注意点があるのですが +プラスとーマイナス 黒と赤を逆につけてしますとヒューズが飛んで使えなくなるので気をつけてください!!

ヒューズを変えればすぐに使えますけど!

 

なのでヒューズは予備で持ってた方がいいかもしれません!僕は海外でやるときに間違ってヒューズ飛ばして買い求めるのに苦労しましたから…絶対に持っておく事をおすすめします

ヒューズってのは大体こちらです。インバーターによって形とか変わってくるので調べて購入してください

 

 

で次 ザ・ポータブル電源 と呼べれるものは

 

こいつですね。こちらバッテリーもコンセントも充電器も全てが一つになってます

メルテックのポータブル電源、これは便利です!緊急時用にも考えて作られてるので、そーとー明るいLEDライトもついてますし、インバーターとか接続しなくてもコンセントがついてるのでこれ一つで電源がとれます。充電器も別に用意する必要はなく始めから付属されてるアダプターで充電もできます

中に入ってるのは 12v 20ah のバッテリーなのでまあまあ重たいですが8.3kgです。

僕も初めはコレ使っていたんですが、始めに説明したバッテリーとインバーターの電源システムの方がかさばらないので今は使ってません

 

こちらも同様のポータブル電源でおすすめ

この電源も使っている人を時々見かけます。でも、こちらは9kgと少しだけ重たいのと、メルテックより少しデカイです

他にも色々なタイプのポータブル電源があるので自分にあったのを探すといいですね!ポータブル電源をお探しの方に一番のおすすめなのはメルテックです!僕的に

 

それともう1パターン

スゴイバッテリーってやつですね。名前の通りすごいバッテリーです

こちら、何がスゴイってめちゃめちゃ軽いですめちゃめちゃ軽いです

しかも結構長持ちします。最初におすすめした電源システムより長持ちします

ただ、ただかなり高いです!お金に余裕のある方はこれが一番いいと思います!

こちらも充電は付属のアダプターを挿していれば充電できるので充電器を購入する必要はありませんがインバーターは必要となってきますのでインバーターの購入が必要です

バッテリー飛行機に詰めないものが多いのですが、このスゴイバッテリーシリーズのエアーってやつは飛行機に詰めるので海外とか行く人はこのすごいバッテリーを使ったシステムがいいかもです

 

と以上代表的な電源のシステムをあげてみました

電源を使う時間、持ち運びの方法、財布の事情により自分にあっているのは変わってくると思うで色々と考えて自分にあった電源システムを検討してみてください

 
スポンサーリンク


 


コメントを残す